FC2ブログ

2020-06

イケハヤ師は本山クラインガルテンを不労所得の吹き溜まりにする気でしょうか?

 高知の山奥から全国に不愉快な発言をばらまいているイケハヤ師、最近はヤキが回ってきているせいかこの間言った事と逆の事を平気で言って煽ってどれが炎上するのか・・・みたいに手当たり次第というところで、なんだか焦っているんでしょうかね・・・って悲壮感が漂います。ここまでくると、不愉快というか哀れなのですが、それでも一定数の信者は獲得しているので、それでもメリットはあるのでしょうね。
 最近は、高知の地銀disと大学やめろがそれなりに炎上したので、何だかんだ言いながらイケハヤ師自体はもっと燃やして~ってどMな如く悶えながら喜んでいたんじゃないでしょうか・・・きもっ!(失礼)
 学歴の件は同じく炎上女優はあちゅう氏とのツープラトンになったので、それなりに本人達の思惑位は燃えたのではないでしょうか。ただ、単品ではなくてツープラトンとかそんなにしないと燃えにくくなっているという事は、お二人とも年齢とともにネタがなくなってきたという事と、当初は他のインフルエンサーとかに張り合っていた時から比べると、今や情報弱者を食い物にする金の亡者と化しているところは、なんだか質もレベルも下がったよね~って感じもします。ちょっと怪しいかもしれないBS放送に良く出てくるコラーゲンとかプラセンタとか脳に注入した方がよさそうですね。
 ちなみに今回のツープラトンのネタを書いている時にマダムユキさんがブログで『冷たい炎上』という秀逸の記事を発表しまして、その中でこのツープラトンの事を【イケちゅう】と表現してましたが、このナイスなネーミングには思わず、これ!って手を叩いて笑ってしまいました。あと、イケハヤ師はあと二人別の方も含めてプロブロガー四天王とか言っていたので、最終的には4人かかりで炎上のタネを投入するのでしょうか?そうなると、あと一人追加すればゴレンジャーになっちゃいますね・・・爆。ゴレンジャーは正義の味方ですが、こちらの炎上戦隊は何と表現したらいいものか・・・?
 ちなみに高知にはご当地ヒーローにごめん戦隊ゴメンジャーというのも存在しますので、ついでに高知のローカルも宣伝しときましょう・・・笑。

 前置き長くなっちゃいましたが、イケハヤ師noteとか仮想通過というつるはしを手に入れてからはますます山師まっしぐらです。ま~山師なんで、山奥にこもっているという事でしょうかね。
 もともと体験農業の施設だったはずのクラインガルテンに占拠し、次には子持ちの信者までクラインガルテンに住むことになりました。その信者は、高知の中心街でローカル芸人とつるんでケツバット企画とかやってちょっと小さな問題話題を起こしたみたいで、こういう事を続けてると最終的には高知発で昔全国ネットで大炎上した『ローソンのアイスクリームの中に入ったおバカな店員』的なところまでまっしぐらになってしまうかもしれないですね。そんなのから始まり、イケハヤ師に習って高知にやってきた信者もVALUEを始めたり、イケハヤ劣化版サロンを始めたり・・・もはや、お金の妄想にとらわれて今にもぷか~っと浮いて動かなくなる寸前の金魚の如くぱくぱくしている姿は、イケハヤ師以上に哀れです。
 noteについては、自分はもともとここでも絵+短歌とか短編小説とか書いてたので、最初こういう発表の仕方もありかな~なんて考えた事はありましたが、ブロガーの情報商材(本人達はサロンとか言い張ってるけど)の狩場になってからは、なんだかすっかり薄汚れたものの様な感じになってしまって、こういう怪しいサービス的な認識に変わっちゃいました。VALUEに関しても、本当はクラウドファンディングじゃないけど、才能のある個人が資金調達するためにはアリかな・・・っていう理想はあったと思うのですが、あんた誰?みたいなイケハヤ師の弟子とかまでそんな事したら、理想とかけ離れて結局それも汚れて怪しいものとなってしまいました。
 けど、イケハヤ師も信者ももはやお金も亡者であって、住んでるクラインガルテンは体験農業の施設であって、不労所得ばかり全国に発信しているたまり場の施設ではないはず。
 ま~本山町自体もイマイチすねに傷を持つ部分があるので、田舎ではありがちの大きな問題でも出ない限り見てみぬふり・・・なのかもしれないですが、ローソンのアイスクリーム事件みたいになる前に静かに対処するか、クラインガルテンを返上して不労所得村にでも鞍替えした方がよさそうですね。

 イケハヤ師自体『東京で消耗しているの?』なんで煽ってますが、高知の人間からみてもあの住んでるクラインガルテンは過酷な場所だと思いますので、リタイヤした人や独身の人はともかく家族がいる人が住むには、東京で通勤するよりも過酷な場所だという事もここでちょっとだけ紹介しておきましょう。
 他の人も実際に現地まで車で行って、画像を録音したり、写真を取ったりした人もいるのですが、自分は地元でも車が痛みそうなあんな場所は行きたくもないので、ここなこのブログのネタの一つにしているGoogleネタで紹介してみましょう。

まずはGoogle Earthから

180913-1-1
 こんな感じ。ネットで有名な白い車があるので、場所は誰でも分かります。

Googleさんって割合マメなので、ストリートビューはこんなとこまで来てました。

180913-1-2
 こんな感じ。ちなみに話題のゴミっぽいのまで赤丸で囲んでますが、Googleさんにキャッチされてます。ちなみに子供がいるという事は、小学校とかに通わさないといけないのですが、こんな奥地に当然学校などないので、一番近いところでも本山町の中心の小学校という事になります。ここもGoogleの機能を使ってみましょう。

180913-1-3
  片道でこんな感じで55分もかかります。Google計測なので、運転の腕によっては多少早い遅いはありますが、こんなもんです。これは、都会で電車で通勤するよりも田舎の高知の自分からみてもとっても過酷な感じがします。
 送り迎えだけなら、これを2往復になりますが、この時間ってかなりのロスです。だから今保育園で送ると帰りまでふもとで長時間店やイートインを占拠してノマドしたりしてるのでしょうね・・・けど、田舎の人の目って結構刺さるので、最近事務所が~とか言ってるのじゃないでしょうか。
 ま~貧乏くさいけど、それでもお金を持っているかもしれないイケハヤ師ならともかく、弟子となれば事務所構える費用は今の劣化版のまんまでは捻出できないでしょうし、変な理想で山奥に来ても、小さい子供とかがいれば、いきなりそういう現実がやってくる事はわかっておいた方がいいでしょうね。
 その時点で、騙された~と思っても、いつもイケハヤ師が会社とか学校辞めろとか煽ってしばらくしたら、ローテンションの様に言っている。
180913-1-5
 この本性の現実を知る事になるんじゃないでしょうかね。もし、ここでいう1%の人なら、安易に自称プロブロガーの金魚のうんこなんかにはならないと思いますよ。その人真似てもしょせんコピーはオリジナルには勝てないので、オリジナルの生活費の栄養を提供して終わりになるでしょう。
 もし高知で生きている情報を得るなら、山奥で金の妄想を膨らますより街中で飲み屋やってそれなりに客をつかんでる若い経営者と仲良くなって話する方がよっぽど将来生きる種になって面白いと思いますよ。

 高知の人はもうイケハヤ師はここでは何度も書いたけど『まだいたの?』的なものですが、これ以上貧乏な県に生活困難者予備軍が増えても困るので、高知目線で現実生活のことも書いてみました。

 最後にクラインガルテン~本山のふもとまではこんな過酷な道のところ・・・という事で、ストリートビューも設置しときます。


 これでふもとまでたどってもらうと、目で見て現実が分かると思います。ついでにいうと、田舎の高知に住む自分から見ても、都会の人が言うように『高知で消耗しているの?』としか感じませんが、どうでしょうかね?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mkbungei.blog8.fc2.com/tb.php/9108-158f95e0

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・