FC2ブログ

2018-08

野村ダムの放流量をH-Q式を用いて考えてみる

 何か大きな災害があると、必ずどこかにネガティブに叩いたりする世の中ってどうなのか?って思ったりする事があるのですが、肱川の野村ダムの放流について、H-Q式を用いて少しだけ考察したいと思います。

180717-1-1
 少し見えにくいのですが、野村ダムと水位観測所のあった大洲第二とのピーク値の差が4時間だったので、そこに揃えて散布図を作り、近似式からH-Q曲線を引きました。

今回のデータの対比だと、
水防団待機水位 H=2.80m 流量Q=126.4m3/s
はん濫注意水位 H=3.8om 流量Q=250.2m3/s
避難判断水位  H=4.80m 流量Q=374.1m3/s
はん濫危険水位 H=5.80m 流量Q=497.9m3/s

という感じになります。

ちなみに、野村ダムの流入量基準値はQ=300m3/s になってます。

今回の雨についてのデータをみてみると、

180717-1-2

 雨の多かった7月7日はこんな感じで、もともと基準値が300m3/sのものに対して最大1593m3/s流入してるので、いかに大量の水が多く流入したかが分かると思います。
 これを見ても分かるように、流入量が多くなってきて3時間位までは、ピークカットを行って放流量調整を行っていたのですが、それ以降は元々のキャパシティーを大幅に超えてほぼそのまま放流せざると得なくなった・・・という感じになります。
 ただ、ダムがなければ当初黄色のエリアだったのが、5時間分は抑えられているので、それだけの効果はあったという事になります。

180717-1-3

 次に大洲第二がはん濫危険水位の流量を超えるラインを赤くしてみましたが、8時間のところが5時間に抑えられています。ちなみに今回最大の1500m3/s位の流量となると、大洲第二でどれくらいの高さの堤防が必要になるか逆算してみると約H=14.0m位必要になってきます。現実的に考えると、そんな構造物が出来るのでしょうか・・・そこは課題になるのではないでしょうか?そして、放流量を抑えるダム・・・となると、もっと大きなものが上流に必要とかなってくるのですが、そこも現実的でしょうか?そう考えると、ハザードマップを含めて最初から無理なラインというものが出てくるのではないか・・・と思ったのが今回の出来事でした。

・災害がないといろいろあるけど・・・
 災害がないと、よく樋門や水門にコストがかかるとか、ダムや改修うんぬん・・・という事が聞かれたりして、何か災害があると、今度は逆の世論になったり・・・それってどうなんだろうか?って思う事があります。
 これからは、温暖化の影響もあるのかもしれないけど、こういう雨は日常になってくるのかもしれないので、住む場所も含めて根本的に考え直す時がどこかでくるのではないか・・・なんてのも思いました。
 新聞とかで高知は一番雨が多かったけど、被害がその割に少なかったみたいな意見も見られたのですが、それは高度成長期とか98豪雨とかで大きな被害があったので、その分雨に強くなったというだけでもし過去にそんな事がなければ、同じ境遇にさらされていたのではないかと思います。ただ、その分樋門とか動く施設も多いので、その維持費が・・・みたいな問題が出てきたりもするのと、普通に生活してると、そういうものって意識はしないのだと思うのですが、実際は樋門操作している人は雨の度に作業する必要があったりして、担当の人はおちおち旅行などにも行けない・・・みたいな現実もあったりするし、基本的に休みが定まらないそういうものはやりたがらない人が多いので、そういう人の苦労の上でその場所が安定している・・・なんて事は案外知らない人も多いので、水害とかっていろんな部分も考えられたら・・・なんて思ったりもしました。

※今回のH-Q式についてはEx.測量屋さんの→こちらにアップしてます。載せているのは、野村ダム-大洲第二なんですが、データを入れ替えると他でも使えるので、防災の参考とかに使えるのではないかな・・・と思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mkbungei.blog8.fc2.com/tb.php/8356-8cf7f8c0

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・