2017-06

気象庁の震源リストをExcelで加工しやすい形に分解してみる

まず、気象庁のサイトから

ホーム > 各種データ・資料 > 震源リスト
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/daily_map/index.html

へ行きます。

160503-1
こんな画面が出てきます。

次に、データの欲しい月をクリックします。
160503-2
この様に指定された日付がプルダウンされて出てきます。

次に震源リストの欲しい日付けをクリックします。(今回は4月14日を指定)
160503-3
こんな画面が出てきます。

160503-4
地図の下のクリックすると開閉しますと書いてある箇所(赤◯の部分)をクリックします。

160503-5
すると、この様な形で震源リストが表示されます。

データをExcel加工用に変換するデータは、今回の熊本地震に関しては、4/14から追跡している期間は全て変換データもアップするつもりですが、変換加工のExcelのファイルに関してはこちらにアップしてます。
ちなみに表示サンプルはこんな感じです。

つぎに、震源リストをマウスでなぞる様にブラウザコピーをかけて
160503-6
こんな感じ

・・・で、変換加工ファイルの黄色い部分に貼り付けます。
160503-7
貼り付ける時は、赤◯で囲った方の形式を指定して貼り付けて下さい。

160503-8

すると、右側にデータ区分毎にセル分解してデータが表示されます。
元のデータだと、年号から位置、震源、震央地までが全てひとくくりのデータなので、Excel計算とかが出来ないので、データ毎にセル分解するファイルを作成しました。

ちなみに変換リストの上にある文字は、元のデータのカラム数が決まっているので、取り出す位置と文字数を指定したものです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mkbungei.blog8.fc2.com/tb.php/5418-67175f3c

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・