2017-10

ツクツク異変?

 いつもはこの時期は、まだツクツクホウシがかなり鳴いていて、10月過ぎ位まで鳴いているのですが、(ちなみに鳴き始めは8月下旬位から)けど、今年は鳴き始めが8月の上旬位からで、もう羽化遅れ?がぱらぱら鳴いている位でほとんど声が聞こえません。夏は非常に暑い時期もあったけど、何かすぐに涼しくなってきたような・・・
 ツクツクホウシもそうでしたが、他のセミも何か変でした。ここ数年の感じる事ですが、昔は朝クマゼミが鳴いて、昼暑くなるとニイニイゼミが鳴いて、夕方になるとアブラゼミが鳴く・・・みたいな感じだったのですが、数年前位から真夜中によくアブラゼミの声が聞こえる様になりました。今年はあんまり夕方にアブラゼミが鳴かず、夜に鳴いている方が多かった様な気もします。ちなみにニイニイゼミも暑い昼というより、少し涼しくなった夕方前とか夜に鳴いていました。
 そう考えると、昔はセミって太陽の光の加減でセミが鳴き分けてるのかな~なんて考えてたけど、ここ数年の鳴き方の変化を見ると、気温が影響しているのかな~とも思いました。
 ちなみに今年クマゼミの声は少なかった様な気がします。これからもっと気候が異常になってきたら、セミの鳴き声はどの様に変化するんでしょうね・・・それともセミがいなくなるとか?そこまで異常な気象になると、人間ももう滅亡の危機かもしれないですね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mkbungei.blog8.fc2.com/tb.php/5375-76efdc34

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・