2017-06

安保つぶやき

 ここでは特に声高に反対とか賛成とか言うつもりもあまりないのですが、今大きく反対の空気が漂ってても衆院の解散でもない限り、次の選挙までは、それなりに日があるので、そこまで今の熱量が持つのでしょうか・・・
 昔郵政問題の時、その後田舎のポストがなくなっていって、ますます孤立していったお年寄りが郵政の事をぼやいていたけど、「どこの政党に選挙で投票しますか?」と聞くと「自民党」と答えてました。結局不便になると言っていた所に投票したのだから当然の結果になったという事でしょう・・・結局その時はいろいろあったけど、今では上場とかった話になっている・・・
 結局したたかな政治家はそういうところを見越しているんではないでしょうか。いつまでも熱量はもたないと。そして、次の選挙で議席が減っても今の野党が法案をひっくり返せるほどの単独議席が確保できないだろうと。そうすれば結局他に政党がないから・・・で、次は徴兵制でもってなったりしてね。解釈でいかようにもなるという前例が出来てしまったので、これから何が起こってもおかしくないのでは、法案そのものよりそちらの方が何か先々考えると恐ろしい感じがします。
 ただ、日米同盟とかっていろいろいっているけど、相手側は本心でそう思っているのでしょうか?日本側が熱烈なラブレターを送っても、高速鉄道は中国と契約ってそういうのがあったりもするので、もし有事があっても、国連で非難位のもんじゃなかろうかって思うのは自分だけでしょうか?戦後レジームの脱却とか押し付けの憲法脱却とか言ってても、結局形を変えたものを押し付けられて相手の都合のいいものを受けいてているだけと思うのですが。本当に自衛権とかなら、本当の意味での事を問いかけ、国民投票にすればよかったのと思います。あと、徴兵制なら、スイスの様に永世中立国なので、いざという時は戦いますならまだ分かるけど、右往左往した意見の中で、よその国のために死にに行く徴兵制にしか今の状態ではならいないと思います。ま~「国際貢献」とか耳のいい言葉は声高に叫ぶかもしれませんが。
 ちなみに自分は腐っても野党だと思っているので、こうなると思ってたので、それなりに投票しました。多分次回もそうすると思います。けど、マスコミとかも今になって騒ぐって何かポーズを取っているだけで、結局の所どうなんでしょうね・・・同じ様に今騒いでる様に次の選挙まで熱量が持つのでしょうか。結局何も変わらなかったら結局あの時騒いだ民意って何だったって事になりかねない様な気がします・・・そう郵政の時みたいに。
 けど、ある意味最初は国民投票で・・・がトーンダウンして解釈でだましうちしてまで、同盟って叫ぶんんだったら、かの国の高速鉄道を中国ではなく、日本と契約させるとか見返りを求めるとかするのが国益だと思うのですが、結局の所何も得るものはない様な気がするのですが・・・
 ある意味いろいろ賛否両論はあったけど、大阪都構想で選挙した橋本氏がよっぽど潔いと思います。そういう形でなら、もっとどちらになるにしろ、これからが納得した形になったのではと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mkbungei.blog8.fc2.com/tb.php/5374-1f2b5894

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・