FC2ブログ

2018-02

ナスカの地上絵・コンドル

 ナスカの地上絵でハチドリうずまきで、次はコンドルを探してみました。キーワード検索とかではヒットしなかったので、検索ボックスに座標入力すると、コンドルの位置まで行く事が出来ました。

座標は:14°41'50.93"S 75° 7'34.47"W
と、検索ボックスに入力すると、移動してくれます。
180202-1-1
こんな感じ
180202-1-2
・・・で、コンドルが表示されますが、ハチドリ,うずまきに比べると、じっくり見ないと見えないって感じです。
あと、蜘蛛も探してみましたが、こちらはう~ん・・・分からない・・・って感じだったので、省きます。
180202-1-3
ちなみに、今まで探した他の二つとの位置関係はこんな感じです。

スポンサーサイト

カトリアンテ チョコレート・ドロップ”ボルケーノ・クイーン”

171125-70

新山本造船所・工場跡

・工場跡の基礎部分のコンクリートも撤去されはじめ地盤が土になってきました。

※前回の記事は→こちら

180203-3

180203-4
建物基礎部分の取り壊されたコンクリートの山。
180203-5

180203-6
鉄くずの山も少し小さくなりました。
180203-7
何故か転んでる酸素ボンベ。
180203-8

180203-9
角度を変えて・・・コンクリート部分がだいぶ土になってきました。
180203-10

※地図は→こちらです。

種崎のネコ

トタン屋根の上のネコ
180121-36

180121-37

思い出

人間の
記憶はいつか
風化する
そして楽しい
思い出になる

種崎のバス停待合室

とさでん交通バス種崎線の終着駅のバス停と待合室です。

180121-34
 いい具合に廃墟感漂う感じですが、一応中のベンチは座れるし現役です。
 昔は夜点灯する裸電球に傘のある電灯があったのですが、今は電灯が取れて電灯の残骸の線がぶささがってます。ベンチの前と後ろも今は吹きさらしですが、昔は入口はガラガラ・・ってスライドする扉があって、背後も窓があって、冬は中に丸ストーブがあったりして、それなりに快適な待合室でしたが、今は夜もしここに座って待っていると、なんとなく心霊現象にでも出会えそうな雰囲気があったりします。
180121-35
 ちなみにこちらはバス停から対面方向にある、長浜-種崎渡船の種崎側の待合室。こちらも、元々は結構古い木造だったのですが、今は建て直されてそれなりに快適な待合室になってます。(渡船が運航している時間帯は開放されてます。)

地図は→こちらです。

リンコレリオカトレア ワイアナエ・スターバースト”ボルケーノ・クイーン”

171125-69

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・