2015-10

杭偽装工事でのつぶやき・・・・

  今回杭偽装の話が結構出てきて、データの張り合わせ・・・って話があったので、もっと手の込んだ事したらどうなるのだろうか?って思って少し実験してみました。写真は同じ土木系の写真の方が分かりやすいかな・・・・と思って少し昔にたまたま通りがかった樋門付近で工事している写真を元にしてみましたので、決して偽造で使った訳でも、自分が関係した工事でもありません。
 使ったソフトはPaintShopProというあんまり高価でもない画像編集ソフトです。

151029-1

①元の写真

151029-2

②作業員とユンボを消してみました。

151029-3

③奥の樋門の入り口付近にあった盛土を排除してみました。

151029-4

④堤天にあったバンと舗装用の小型のローラーを排除してみました。

151029-5

⑤ついでに河川にあった影も排除してみました。

 今はいろんなソフトが発達してきているので、その気になろうと思えばいろんな事が出来るのではないでしょうか?そんなに高価てもないソフトで昼休みにちょこちょこ編集した位でもこれ位の事が出来るので・・・そうなると、土木に限らずいろんな世界でもモラルがリテラシーが求められる時代になってきているって事でしょうか?
 ネットなどでは、自分が昔掲示板を断念したみたいに、執拗に無修正の画像を張りつけてくるたわけた輩とか、メールさえ見る気が起きなくなってしまう位の迷惑メールとか・・・・元々土木ではなくてシステム系の仕事をしてたので、対策は知らない訳ではないけど、いたちごっこに費やす時間と他で使う時間の事を考えると、そこに必要以上の時間はかけられないかな・・・みたいな感じで諦めてしまったのですが、何か良心が悪意によって駆逐されたみたいな感じで、今でも悔しい思いがどこかには残っています。
 チェックする側も公務員や各業界で人員削減とか言われる中で、いろんな分野が多岐に渡ってきている中で、少ない人数ですべてを網羅するとなると、ブラックどころか寝ずに働いても時間が足らないと思います・・・自分は土木系サイトでいろんなものを公開してはいますし、一般論で言えば相当一人で幅広い分野に渡っているかもしれませんが、ここまでに至ったのは、自慢にもならない、ネット上でブラックと言われる世界がかわいいかも?って思える業務の積重ねがあったからこそかも知れません。
 かな~り昔人を3人減ってそれ以上の成果をもとめられた時は、1週間で2日は徹夜で1年間に2日しか休まなかった・・・なんて生活したときはさすがに死ぬかも・・・って思いました。(さすがに命は惜しいので、受け持った仕事は全部こなしてそこは辞めましたが)自分が関わっている土木に限らず、いろんな分野で仕事をする際に資格を物差しにする事は多いですが、内情は資格試験ばかりにご執心で、一般の仕事はほとんど使いものにならない人も多く見てきました。(本当にその分野でスペシャリストに近いすごい人って実際そういうザ・資格屋の犠牲になっている面も多く、資格試験の勉強なんてする時間なんてする時間すらなく、無資格なんて人もいたりします)
 そう考えると、ソフト等いろんものが発達する中で、仕事の物差しって資格とか見かけだけでなく、人間性だったり会社のリテラシーだったりするのかも知れないですね・・・(昔徹夜多かった時、1日目はなんとか持ちましたが2日目だったときデバイダ(両方が針出来たコンパス)で足を刺しながら眠気と戦いました・・・その時はなんとかしなきゃっ・・・みたいな使命感でいっぱいの様な気がしましたが、今となってはこれって相当な社畜だな~なんて思ったりしますし、こんな事させちゃいけないな~なんて思ったりします・・・当然残業代は30時間でカットされてました)
 何か脱線しちゃいましたが、今回に限らず元々は会社のモラルにも問題がある様な気がします。間で中抜きのとかしてる費用があったら、現場に回せば人が一人増えるとかって事にもなるし、そうなると末端の人にも心の余裕が出来るし、そうなるともっといい仕事をする人も増えると思うのですが。
 経験上で思う事はタイトな環境が続くと(この仕事が終われば楽になる・・・みたいに先が見えるものなら話が変わってきますが)
人間は機械じゃなくて生身なので、どんなに真面目な人間でも限界に近づくといつか壊れるか逃げるか嘘つくか・・・って選択肢が頭をよぎると思います。ちなみに自分の場合は死ぬかもって気持ちが頭をよぎりましたし、その会社を辞めてもその無理は当然体にダメージがあったみたいで、半年以上は頭の芯が痛い・・・みたいなのが直りませんでした。




スポンサーサイト

アナグマのイナバウアー




・・・どうぞ

後川(うしろがわ)という河川を前川さんが仕事している時思わず
うしろがわまえかわ・・・どうぞ!
・・・ってつぶやいてしまいました・・・


DJI PHANTOM2 VISION+ 着陸




Excelの角度計算

例えば30°のタンジェントをExcelで計算する場合

=TAN(RADIANS(30))
または
=TAN(30*PI()/180)

どちらでも計算出来ます。
※ちなみにExcelの角度計算はラジアンで計算するので、
=TAN(30)
ってダイレクトに入れると間違った答えになります。

角度計算を代入式にする場合は、この30°の所を代入セルにすれば他から代入した値で計算する事が出来ます。
あと、sinやcosも同じパターンです。

※自分の土木サイトの計算書が昔はRADIANSを知らなかったので、PI()/180を使ってましたが、RADIANSを知ってからRADIANSを主に使ってますが、新しい計算書を使う時に古い計算書を流用した時は、PI()/180をそのまま使う事も多く、気分次第(汗)で混在してるので、身近な人に(どっちが正解?)って聞かれたので、メモ帳で記載してみました・・・結論はどっちも正解なのですが、どっちを使って計算させるかは、結構気分次第です。(^^;)
ちなみに他の計算でも、後でもっと便利な機能を知ってパワーアップしたものもありますが、過去の流用品が複雑な場合は、そのまんま流用してるので、同じ計算系でも答えは一緒でもびみょ~にExcelの関数が違ったりしているものもあります・・・


土留め壁の安定計算

 自立性の鋼矢板の根入れ計算が鋼管杭・鋼矢板技術協会のサイトにあったので、詳細設計とかではなくて、概略とかチェックとかの際便利に使ってました。(身近な人も使っている人がいました)それからはしばらく、その辺に関する仕事は関わってなかったので、そのままだったのですが、少し前に矢板の根入れの話を聞かれて、ここのサイトにあるよ~みたいな話しをすると、ないよって言われて改めて見てみると、サイトもリニューアルされて、その計算するサイトのページもなくなってました・・・・げ!って思って、手じかの人も困っている人もいるので、(自分もいざという時に困る)仮設構造物工指針を改めて見返して、安定計算書を自前で作ってみました。(この場所
 自分もこのサイトを始めて案外時間が経って改めてみると、便利だな~と思っていたサイトが突然なくなっていたり、今回の様に計算書とかがなくなっていたり、また別の検索とかで新たな発見があったり・・・結構カオスかな~なんて改めて思いました。
 そう言っている自分も今はまだ現役世代ですが、永遠に生きている訳でもないし、明日って究極に言えば何があるか分からないので、自分の土木系のサイトもカオスのひとつなのかも?なんて改めて思いました。



案外役に立った昔の経験

 まだ学生だった頃、皿洗いのバイトをした事がありました。その店は時間によっては回転効率が非常に高い店で、普通に皿を洗っていたら、回らなくなって料理を作っていた人に「遅い!!!」とかどやされたりしました。かと言って油モノなども多いので、適当に洗っても汚れは落ちないし・・・最初はもたもたしてたのですで、しょっちゅう「遅い!」とか睨まれてたのですが、だんだん早くきれいに洗うコツなんかをつかんできて、単純な作業に見えても、効率を上げると時間って短縮出来るもんだな~なんて思ったものでした・・・ってもう相当昔のことなんで、すっかりそんな事忘れていたのですが、少し前に高知でドリンクラリーという企画があって、知り合いの飲み屋の人に大量の人が来るから手伝ってほしいという事になって手伝う事になり(本当は別の人が手伝う予定だったのですが、その人が仕事で早く終われないという事で急遽代役)手伝ったのですが、最初は自分は別に料理とか作れるわけでもないし、飲み物も作れてもせいぜい生ビールとハイボール入れる位しかできないな~なんで迷惑じゃないかな~なんて思ってスタートしました。
 当初はドリンクラリーの時間が7~9で50人位かな・・・って話を聞いていたのですが、結局85人前後来てました。元々十数人位でいっぱいになる位の小さな店なので、2時間でその人数って相当ハードでした・・・けど、モノは作れないけど、案外役に立ったのが、昔の皿洗いの経験・・・皿とかグラスとかを分けて大量が客が回せる様に配分して洗ったり、灰皿はタバコを吸わない人にとっては、いっしょくたに洗うの嫌がる人が意外といるので、その辺も配慮して、分けて洗ったり・・・もう相当時間も経っているのに、昔それなりに怒られながらいかに早く皿洗いをさばくか?って経験は意外と体が覚えてたもんだな~と思った次第です。
 確かにそれだけの人数を店主と自分の2人でさばいたので、配慮の足らなかった点もあったかもしれないけど、ドリンクラリーの他の店も同じ様にばたばたしてもっともたもたした店もあったみたいなので、総合的にはそんなに悪い印象はもたれなかったので、よくやったもんだ・・・なんた思いました。けど、昔皿洗いのバイトでそういう経験していなかったら、多分グラスが洗えてなくて足りないとかショートしてしまったかも?って思うと、単純作業に見えても、意外なとこで役に立つ事もあるもんだし、何事も経験かな~なんて思った今回の出来事でした・・・
 ちなみに、また来年の春位にもドリンクラリーとかするみたいなので、仕事がよっぽど忙しくなくて時間が空けられる様なら、皿洗いしてるかもしれないですね・・・(^^;)意外と役に立ってありがとうって言われるとブタもおだてたら木どころが東京スカイツリーまでのぼってしまう位のおめでたい性格なので・・・汗


土木と東日本・・・

 個人のサイトの土木関係のページ(Ex.測量屋さん)に東日本水害の際に川の防災情報の洪水予報水位周知河川に載っていた基準観測所の水位追跡表をアップしました。
 仕事が終わってからとか、休日に作ってぼちぼちアップしてたので、実際の災害が起きてから1ヶ月以上過ぎてもう全然タイムリーでもないのですが、今後同じ観測所等で、防災資料の参考等に使えるかも?的なものでしょうか・・・
 元々は去年地元の河川(仁淀川関連とか)で、はん濫危険水位に達した事もあって、説明用にベースを作ってたもので、それなら、水文水質DBとか川の防災情報とかのデータを使って誰でもローカルに使える方がいいのでは?って考えていた時に起きた今回の災害だったので、とりあえず地元はおいといて、作りかけのベースか今回のデータを作ってみました。
 作っていると、横並びで分かる河川流域の雨量データとか、水位データもあった方がいいかな・・・なんて思ったのですが、今回周知河川に出てきた河川って利根川とか北上川とか観測所数の多い河川が多数あったため、しかも夜なべでぼちぼち作ってると、何か相当な土木オタクかも・・・なんて思ったり、数が多いので、途中でなんとなくめげそうになったりとか・・・けど、せっかく手を付けたら、やっぱり一通りは作りたいな~なんてマニア根性丸出しで、一通り作ってみました・・・河川流域の雨量とか水位の比較観測データについては作ったけど、まだアップしきれてないので、ぼちぼちアップしていくつもりです。
 ただ、数が多かった分サンプルになるものも多く、その後も他の地域とか、先週の北海道とか周知河川が出てきたりして、元々時間雨量が100mm超えても驚かない地域に住んでいる者としては、ある意味雨が他から比べるとすごく多い場所に住んでいるにも関わらずそれが普通って感覚があったので、他の地域の雨量とか水位とかのデータを追跡していると、地域によっていろいろ特色があるもんだな~やっぱり日本って広いんだな~なんて改めて思ったりしました。
 かなり昔日本海側のコンサルの方と知り合いになった時、擁壁の水抜き穴の大きさが高知に比べると数も少ないし、径も小さいって事を知って、初めて地域によって基準って違うんだな~なんて思った事をなんとなく思い出しました。
 そういえば、東日本って個人的には一番縁遠い場所なのですが、土木のサイトでは、今回の河川水位とか雨量とかのデータを作ってた時に災害が起きて、最初にアップの対象として作ったり、昔書式とかそういうものを作ってたけど、そんなに一般的には必要とされてないだろう・・・なんて思いこんでた時に、東日本の地震が起きて、その時に複雑な計算よりも案外計算とかもない書式とかでも、作るとなると手間になるので、必要とする事が多いよって話を聞いて、手元にあった書式とかを大量にアップした・・・なんて事もあって、この土木のサイトに限っては案外東日本って縁のある地域なのかな?なんてのも改めて思ったりしました。
 ちなみに、元々は個人的なつながりの超ローカルサイトだったのですが、最初は九州から北海道とかそして、大震災以降は東北とか、自分の住んでいる高知とは遠く離れてる地域の方々が自分のサイトを利用してくれている・・・本当に当初は全くそういうことは想定もしていませんでしたけど、スパム等々でメールも掲示板も遮断してしまった今でも、想定していなかった地域とかからの利用されているな~と思うと、寝る間惜しんで作った甲斐があったな~なんて思ったりします。ただそれだけが作っている原動力かもしれないです。
 これからも、温暖化とかで、雨量が多くなってくる事が想定されるので、川の防災情報とかに作っていない基準観測所とかが載ったら、気付いたときは、増やしていこうかなと思ってます。


«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・