2012-12

ネコノヒゲ

121123-2-63

※関連ページはこちら


スポンサーサイト

無難に過ぎる

Bsugi121231

決戦の
気持ちを心に
秘めたまま
今日一日を
無難に過ぎる

※この絵の壁紙はこちら


キバナアマ

121123-2-61

※関連ページはこちら


今年も終わり

今年もあと少し
あと少しで今年も終わり
けど今年の冬は
いつもより寒い
年末の寒波がやってきて
寒さが身にしみる

さっきランニングをしたけど
手がかじかむ様に寒かった
この時期にこんなに寒く感じたのは
何年振りだろう

景気も先を考えたら
何か寒い気がする
こんな時代に
回収のあてのない
大量の札束が巻かれて
結局中流が下流になって
格差が広がって
・・・

そうなれば金持ちにとってはいいのか
だって発展途上国を同じ人件費まで
賃金が下がれば
海外に出なくても
安い賃金の貧民が
その辺にごろごろいるんだから

刃向えば国土強化の基に
危険な国々に強制的に
軍事派遣を行えばいい法律に
改正すればいいんだから

そうなれば何が残るのだろう

来年はいいことありますように・・・


はりまや橋イルミネーションファンタジー2012

121229-6

121229-9

※関連ページはこちら


はりまや橋イルミネーションファンタジー2012

121229-1

121229-2

121229-3

※関連ページはこちら


千松公園のネコ

Sneko524

※関連ページはこちら


年賀状

 いつも早くしようと思いつつ、やっぱりなんだかんだ言い訳をつけてずるずると遅くなる年賀状、さっきやっと終わって投函しました・・・
 ここ数年、大みそかに出す事が多くなったような・・・その前に仕事がもっと忙しかった時は元日にやってきたやつを返信してた時期もありました・・・汗
 一応、絵やイラストを書くので、昔はそれはそれは手間暇かけて絵を書いたりした時期もあり、それが判になり、パソコンで一応オリジナルの絵を付けて・・・になり、最近は年賀状の具材の本が安くいろいろ売っているので、それに絵も置き換わり・・・ものすごく簡素なものになってきちゃいました・・・
 簡素になりながら、面倒くさい・・・とか思いつつも、昔に比べたらプリンターもパソコンもソフトも進化したので、本当に制作する手間は楽になったな~とは思います。けど、年賀状も付き合いがあっても、若い人は基本メールとかになってしまって、一度位は出しても返信は来ない方が多いので、一定の年齢以上の人以外は出さなくなったので、会社が変わったり、その他もろもろの条件で、昔に比べたら、出す枚数も随分減ったな~なんてのは思います。
 来年はもう少し早く・・・といいながら、また大みそかかな~(ちなみに親とかに頼まれたものは、一応個人ものではないので、一応元日に到着出来る位の時期にさっさと作るのですが・・・)


コウテイヒマワリ

Sneko532

※関連ページはこちら


コバノランタナ

sneko531

※関連ページはこちら


ウサギ

121119-34

※関連ページはこちら


ヤギ

121119-32

※関連ページはこちら


オオコノハズク

121119-29

※関連ページはこちら


マントヒヒ

121119-27

※関連ページはこちら


アカショウビン

121119-23

※関連ページはこちら


ワオキツネザル

121119-26

※関連ページはこちら


オニオオハシ

121119-22

※関連ページはこちら


メガネカイマン

121119-20

※関連ページはこちら


ハヤブサ

121119-12

※関連ページはこちら


もののけになった杭

出る杭は打たれる
それでも出続けると
その杭はもっと打たれる

そして打たれて打たれて
打たれ続けると
打たれた分だけ
その杭は太くなる

そしてだんだん太くなると
その杭は打たれなくなって
誰も触らなくなる

そしてその杭を打っていた面々は
その杭の記憶を消し去ろうとして
忘れようとする
そして近づかない様になってゆく

その場に残された杭は
ずんぐりむっくりの巨木の様に
その場にたたずんでゆく

そして巨木になった杭の
過去の記憶が消え去ってゆく時間とともに
今度はその杭の周りに
小さな杭がのびてくる
そして小さな杭も大きくなり
いつの間にか森の様になり
巨木になった杭は森の中に
覆われてゆく

そして巨木の姿が
森の奥の何処か定かではなくなった時
打たれ続けた杭はもののけとなって
見えない何処かで
たたずんでいることだろう

今は打たれる杭でもいいじゃないか
良心に従った羅針盤が
まっすぐな方向を向いていれば
いつか大きな森に囲まれる
日もやってくるはず


桜の紅葉

Sneko529

※関連ページはこちら


お犬様のお怒り

 職場の駐車場は、近くに草むらがあり、駐車場も土で出来ているため、マナーの悪い飼い主がよく犬にふんをさせている事が多く、本当に困っている。
 しかも、ひどい時は地雷かよ!って言いたくなる位、車から降りる第一歩のダイレクトな場所にふんをさせやがるふとどき者までいる。そして、何度か地雷の危機をかいくぐり、たどりついた先は、犬猫の粉末を撒くという結論でした。
 何でわざわざ買ってまでもったいないし・・・とは思うのですが、いつもドアを開けておそるおそる足元を見て・・・みたいなどきどきからは解放されたので、それはそれでよかったのかと。
 ちなみにその粉末、人にはやさしいって書いてはありますが、何か柑橘類が半分腐った様ななんとも言えない匂いがして、人にもそんなにやさしくないって感じもするのですがと思うのですが、そんな香りなので、犬とか猫にはさぞかしって感じの匂いなんでしょうね・・・
 そして朝、いつもの様に粉末を撒いていたのですが、その時に遠くから飼い主をそれに連れられて柴犬が・・・多分雰囲気的には普段ひとなつっこくて、あんまり人に吠える様なタイプにも見えなかったのですが、匂いを感じたのか、かなり遠い位置から、そして粉末を撒いていた自分の横を通り過ぎ、かなり遠くへ去っていくまで自分の方を向いて鬼の様な形相をして『ワンワンワンワン!』って吠え続けてました・・・
 やっぱり犬にとってはきっつい香りだったんでしょうね・・・撒くなって感じで吠えてたんだと思います。これぞお犬様の怒りというやつでしょうか・・・


皇帝ダリア

Sneko562

※関連ページはこちら


千松公園のネコ

Sneko521

※関連ページはこちら


はりまや橋イルミネーションファンタジー2012

121222-2-15

※関連ページはこちら


田舎の娯楽

 最近高知で一つボウリング場がなくなりました。南海、桜ヶ丘、土電(これはラウンドワンとして新しくオープンしましたが)そして今回のボウルジャンボ。確か子供の頃はまだ高知市内にも数件、周辺地域にも数件あったのですが、だんだんと減っていって、残りは2件になりました。
 他に外で遊ぶ娯楽としては、一時期パットゴルフというものも流行っていたのですが、いつの間にかミニゴルフに取って変わり、そのミニゴルフもだんだんと減っていきました。
 そして中心街もさびれ、西武デパートもなくなり、その跡地にはパチンコ屋・・・増えた娯楽?といえばパチンコぐらいのものでしょうか・・・そんなもの家族で遊びに行く様な娯楽施設じゃないし(まー車に子供を置き去りにして親がパチンコ・・・で問題になる事はありますが)
 そんな高知でもかなり昔はアイススケート場なんかもあったのですが・・・って考えると、今は昔に比べて確かに豊になったのかもしれないけど、田舎レベルで考えると、家族で遊びに行ける娯楽施設ってだんだんなくなっていったな~って感じがします。その分、交通の便もよくなり、都会との距離が短くなった分、結局都会にいろんなものが吸い上げられている様な気がして、残るのは貧乏人がもっと貧しくなるパチンコが栄えて・・・けど、もっと貧乏県になると、そんなパチンコ屋も残ったお金を回収して去っていくのかな~なんて思ったりして・・・
 そんなパチンコ屋も今は高知の中心街に競ってゴージャス?な建物をって感じだけど、少し前はもっと田舎の郡部にも小さなパチンコ屋があったのですが、交通の便が良くなり郡部と高知の中心との距離が縮まると、もっと田舎のパチンコ屋は淘汰され、買い物客も街中までやってくるので、もっと田舎の商店もなくなり、本当に寂れていったって感じがします。
 交通とか利便性がよくなる事は悪い事だとは思わないけど、高知の娯楽がなくなっていったように、もっと田舎がさびれていったように、今度は高知の中心が都会に吸い取られて、村の様にさびれていくのかなーなんてのも思った今日この頃・・・今、作ってしまえば生み出す事のないインフラにしか群がれない田舎って結局何が残るのだろう?生み出すものがなければ、利便性がよくなれば、たまに来ればいいやの場所になってしまい、結局エネルギーは都会に吸い取られ、そして廃れた田舎に大規模なインフラの墓場のみが残るのだろうか?そう考えると、たまに来ればいい田舎から、ずっと住める田舎ってどうしたもんだ・・・なんて思った今日この頃・・・
 なんかボウリング場がなくなった・・・から話が発展しちゃいましたが、なんとなーくこれからの田舎?って思ってしまいました・・・


はりまや橋イルミネーションファンタジー2012

121222-2-12

※関連ページはこちら


再生

ノストラダムスも過ぎて
マヤ歴も過ぎて
今日も平凡な日々の中
そして今年も過ぎようとしている

人は終末論を求めているのだろうか
それとも
選民にでもなりたいんだろうか

地球が終末論にならなくても
ボクの今日も平凡は
明日はどうなのかは
本当は分からない

今住んでいる場所も
大地震が起きると
津波に襲われる場所だし
そう考えると先は分からない

ただボクの肉体が滅しても
ダライラマのように
その意識はどこかに
再生するのかも知れない

それは地球のどこかの
地上かもしれないし
平衡社会に存在する
地球に似た星βの上かもしれない

そしてボクは何処へいくのだろう
消滅するのだろうか
再生するのだろうか
それとも・・・


はりまや橋イルミネーションファンタジー2012

121222-2-6

※関連ページはこちら


落ち葉

121222-16

※関連ページはこちら


«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・