2010-10

ただあてもなく

Tate101031

人生は
先の見えない
海原を
ただあてもなく
さまよっている

※この絵の壁紙はこちら


スポンサーサイト

ヒドリガモ

101030-2-2

※関連ページはこちら


西孕の合鴨

101030-2-1

・小河川に棲みついた合鴨

※関連ページはこちら


101030-2

※関連ページはこちら


光芒の朝

101030-001

・沖合に台風か通過する光芒の朝・・・

※関連ページはこちら


ボクは静かに

Bsizu101030

永遠に
静かな時間の
片隅で
ボクは静かに
暮らしてみたい

※この絵の壁紙はこちら


溜息ひとつ

Thito101029

この先に
ボクを癒せる
オアシスは
あるのだろうか
溜息ひとつ

※この絵の壁紙はこちら


その先

Ssaki101029

つかまえて
ほしいだなんて
思ったら
その先どんな
ことになるやら

※この絵の壁紙はこちら


食欲の秋

Saki101028

食欲の
秋にまかせて
食べたなら
きっと肥満に
なっているかも

※この絵の壁紙はこちら


幻の中

Mnaka101027

本当は
幻の中
漂って
いるだけなのかも
しれない今は

※この絵の壁紙はこちら


ネコポット

101025-1

※関連ページはこちら


その先に

Ssaki101026

永遠と
思える先の
その先に
何が見えると
言うのだろうか

※この絵の壁紙はこちら


困難

Knan101025

困難が
目の前にある
それだけで
気分は少し
滅入るのだけど

※この絵の壁紙はこちら


幸せ気分

Skibun101024

本当の
幸せ気分って
何だろう?
そう思う事が
幸せなのかな

※この絵の壁紙はこちら


千松公園のネコ-No124

Sneko124

・公園から少し離れた渡船場にいたネコ・・・

※関連ページはこちら


千松公園のネコ-No123

Sneko123

・千松公園付近のネコ・・・

※関連ページはこちら


千松公園のネコ-No121

Sneko121

※関連ページはこちら


千松公園のネコ-No119

Sneko119

※関連ページはこちら


千松公園のネコ-No116

Sneko116

※関連ページはこちら


翼を付けて

Ttuke101023

細胞に
翼を付けて
飛べたなら
違ったボクに
なれるだろうか

※この絵の壁紙はこちら


出来事

Dgoto101022

日常の
その一瞬に
日常じゃ
ない出来事も
潜んでいるかも

※この絵の壁紙はこちら


Shiro101021

ボクだけの
城にこもって
そのまんま
生活出来たら
いいんだけれど

※この絵の壁紙はこちら


何なのだろう?

Nnanod101020

あきらめの
境地の先に
見えるもの
それはホントは
何なのだろう?

※この絵の壁紙はこちら


ちょっと無理かな

Cmuri101020

控えめな
やさしさだけが
あればいい
そう思っても
ちょっと無理かな

※この絵の壁紙はこちら


モノクロームの破片

Mhahe101019

忘れたい
思いの中に
消し去れぬ
モノクロームの
破片が残る

※この絵の壁紙はこちら


侵食

Ssyoku101018

穏やかな
心になれない
このボクが
ボクの何かを
浸食してる

※この絵の壁紙はこちら


晴れの大空

Hooz101018

本当は
何処か遠くへ
行きたいと
思って見上げた
晴れの大空

※この絵の壁紙はこちら


燃える思い

Momoi101017

いくつもの
燃える思いが
このボクの
心の底に
眠っているはず

※この絵の壁紙はこちら


沈黙

Tmoku101017

沈黙を
続けていたら
沈黙の
底から何かが
湧き出してくる

※この絵の壁紙はこちら


ハイになってる

Hnatte101017

パンク的
そんな気分に
なりたくて
心は少し
ハイになってる

※この絵の壁紙はこちら


«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・