FC2ブログ

2005-06

気まぐれ一首

デジタルの
しもべとなって
今日もまた
電脳社会に
僕を差し出す
スポンサーサイト



気まぐれ一首

雨止んで
静かな世界が
広がって
その領域が
僕に溶け込む

気まぐれ一首

脳内に
3Dの
感覚を
もちつつCADの
図面を描く

雨のサイクル

雨が降る
雨が降る
雨が降る
灰色の空から雨粒が落ちてくる
アスファルトを濡らした雨粒は
道路を通る車にまとわりつき
走る車の音を増幅させる
そして小さな流れを生み
海へ帰ろうとする
そんなサイクルの中に同化する僕は
傘を刺し歩道を一人歩いている

気まぐれ一首

だんだんと
西の窓から
吹いてくる
風の勢い
強くなってゆく

気まぐれ一首

ウソホント
そんな気持ちが
体内で
まぜまぜになり
まぜまぜになる

気まぐれ一首

眠っても
眠らなくても
朝はくる
そして時間も
同じだけ進む

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・