FC2ブログ

2005-06

気まぐれ一首

本当に
梅雨なんだろうか
曇るけど
雨の降らない
日々が続く
スポンサーサイト



無機質の客人

何もしなくても
ネットから
テレビから
無数の情報が
脳に飛び込んでくる

そしてそのニュースは
どんなに感動的でも
どんなに凶悪でも
どんなに残忍でも
他人事の様に
フィクションの様に
テロップ形式で
垂れ流され
そして過ぎてゆく

凶悪な他人事に
飼いならされた人間達は
今日も無機質のまま
テロップの情報を
またひとつ
またひとつ
増やしてゆく

人間は無機質でいてはいけない
そんな叫びが体内の何処かで
テロップの何かのコードに触れて
地雷の様に爆発して反応している
けど何も出来ないまま今日も
テロップの向こう側にいる
一人の客人として
ただそこにいるまま

気まぐれ一首

緩急の
リズムを付けて
吹く風に
庭の植物
優しく揺れる

気まぐれ一首

腹時計
狙った様に
音立てて
グーグーとなる
腹減ったぞーと

男女関係の短歌?

LOVEじゃなくLIKEでもなく中間の気持ちで揺れるそれが楽かも

気まぐれ一首

いつもより
ハートを強く
ぎゅっとして
今日一日を
いってみようか

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・