FC2ブログ

2005-05

ドラキュラ

だんだん青空の青が
薄くなってゆく
西の空がオレンジになって
茜になって
暗闇になってゆく

闇が迫ると
上空に飛ぶ小虫を追いかけて
小さな蝙蝠が一匹
また一匹
どこからともなくやってくる

この闇に感じる
不気味な気配に紛れて
いつかドラキュラが
やってくるのだろうか
僕は美女ではなく野獣だから
無視されるよね・・・

ドラキュラの子分がまた一匹増える
カワイイねずみの顔をして
僕の頭の上を飛んでいる
スポンサーサイト

気まぐれ一首

部屋の隅
忍者となって
一匹の
ハエトリグモが
ウルトラジャンプ

笑える短歌(ダンディージョーク)

夜が更けてくれば聞こえるいつもここから的な暴走バイクの音

ダイビング・ブルー

アイシテタ確かに君の事
何度も飛び込んだ
君の体内の中に飛び込んだ
深く・・・
そしてもっと深く・・・
何度もボクはダイブする

君を知りたい
君の事をもっともっと知りたい
ボクは熱帯魚になって
ボクは深海魚になって
君の中を何度も何度も泳ぐ

君の事を知る度に
海の底のブルーに
ボクは染められてゆく
その時間は永遠の様な
一瞬の出来事

そして君の海では
泳がなくなったボクに
確かに残ってた
アイシテタって言葉と
ダイビング・ブルーの記憶

気まぐれ一首

たくさんの
感情心に
満たしても
地球は同じ
自転運動

気まぐれ一首

表裏
背中合わせの
パラレルに
立ってるボクは
ボクには見えない

笑える短歌(ダンディージョーク)

アレって観音様より毛の生えたキモイ物体にしか感じない

気まぐれ一首

ブログ打つ
沈黙の中
両耳に
届くテレビの
ナイターの音

対話?

夕暮れが長くなったね
そうだね
これからもまだまだ長くなるね
そうだね
そうだねって誰に話かけてるんだ
もう一人の自分かな
もう一人の自分か・・・
もう一人の自分は
僕の一日をどう見ているんだい?
不器用だよね
不器用か・・・
けど偽って器用なのとどっちがいいかい
不器用な方かもね
どうしてだい
立ち止まってもう一人の僕に
語らない人の中にはいないと思うよ
どうしてだい
だって必要ないじゃないか
答えが自分の中にあるんじゃなくて
周りか他人にしか求めてないって事だから

気まぐれ一首

木陰へと
冷たい気流が
だんだんと
吸われるように
吹き込んでくる

笑える短歌(ダンディージョーク)

パーフェクトブルーキマッたと思ってたらチャック全開だった

気まぐれ一首

上空を
漂う湿度は
高いのか
飛行機雲は
長い直線

気まぐれ一首

木漏れ日は
七つの色の
宝石と
なって地面に
静かに届く

気まぐれ一首

紫外線
シャワーがきっと
降っている
帽子かぶって
車に乗り込む

笑える短歌(ダンディージョーク)

コンパはいつもババ抜きのような女が必ず一人は混じってる

男女関係の短歌?

君に名を告げた時からこの僕の時間が君の中に始まる

方程式

数式の方程式なら解けるのに
人間の方程式は簡単には解けない
しかも感情という乗数が
いくつもおまけでついてきて
ほどいてもほどいても
絡まって絡まって
まだまだぐちゃぐちゃ
そんな方程式の答えを探すために
今日も目覚めて
起きている時間が連鎖する
今日は少し解答が出来るのか
それとももっと問題が出てくるのか
方程式が目の前に広がる
運命の時間の始まりです

気まぐれ一首

昨日とは
打って変わって
青空が
広がる広がる
晴れの木曜

眠り

何度でも眠たいを連呼してやる
けどどうして眠りが必要なんだ
そんなものがなければ
ボクはもっともっと
いろんな事が出来る

不自由な肉体をぶらさげて
ボクは何なんだ
そんな言葉も虚しく感じる
ああ・・・闇の扉が開いてくる
ボクをもう一つの世界へ誘う為に

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・