FC2ブログ

2005-05

連鎖

僕は君になれない
君は僕になれない
そしてぶつけあう
感情の連鎖が
僕を男にして
君を女に変える

ぶつけた分だけ
男はずるさを覚えて
女は駆け引きを覚える
そのゲームの余韻が終わると
違うゲームのターゲットを探す

飽きているのか?
飽きているんだよね・・・
そしてまた次の連鎖が始まる
男はずるさを覚えるために
女は駆け引きを覚えるために
スポンサーサイト



コノハズク

暗闇にコノハズクの声が聞こえる
ポーポーポーポー
ポーポーポーポー
静まった暗闇の中で歌っている

また今年も南方から帰ってきたんだね
姿はほとんど見た事はないけど
暗闇の口笛で気付く
コノハズクのただいまの声

おかえり・・・
またしばらく口笛を聞かせてもらうよ
暗闇が支配する時間帯に
アイスコーヒーでも飲みながら・・・

不夜城の貢物

極楽浄土が僕を呼んでいる
法華経維摩経般若心境が
僕の右の耳から左の耳に抜けてゆく
天空の不夜城は無限の星の彼方に住み
僕の魂を夜な夜な連れてゆく

魂を失った抜け殻は眠り
僕の魂は今夜も不夜城の献上物となる
そして不夜城の怪物に味見され
吐き出され
また僕の肉体へ帰る
眠りたくない眠りたくない
今夜は不夜城の貢物になりたくない

極楽浄土が僕を呼んでいる
僕は抵抗出来ない肉体となり
気が遠くなる遠くなる遠くなる・・・

気まぐれ一首

このままの
自分じゃなくて
進化する
そんな思いを
心に秘めて

気まぐれ一首

穏やかに
吹く風に乗り
ウインドを
沖に向かって
静かに走らす

気まぐれ一首

だんだんと
西に傾く
太陽に
向かって両足
自宅へ向かう

アナザーワールド

アナザーワールドが口を空けて待っている
ボクの空想はその世界からやってきて
その世界へ帰ってゆく

空想だけさらっていくのに
ボク自身はこの場所に置き去り
欺瞞と猜疑心の渦が巻く
現実の世界に置き去り

けどもし行ってしまえば
帰れないかもしれない
ボクは何処へ行きたいのだろうか
ボクはこのままでいたいのだろうか

アナザーワールドの交差点が
ボクの前であざ笑う様にたたずんでいる
もっと無力を感じろと勝ち誇る様に

気まぐれ一首

12時を
知らせるサイレン
青空の
中へ次第に
溶け込んでゆく

青空

快晴
どこまでも青
雲ひとつない青
視界は全て青

この青の世界は
どこまで続くのだろう
300海里先の太平洋まで続くのだろうか
それとも山を越え
また海を越え
大陸の向こうの
ゴビ砂漠まで続くのだろうか

今日は晴れ
青空いっぱいの晴れ
おだやかな時間が過ぎてゆく晴れ

気まぐれ一首

セスナ機が
青空の中
音を立て
広い空間
支配している

笑える短歌(ダンディージョーク)

ピザピザピザひざと触りながら図るエッチのタイミングの頃合

笑える短歌(ダンディージョーク)

佐世子をさせこと間違いました決してやりマンとは思ってません

笑える短歌(ダンディージョーク)

古いけど男版だっちゅーのして確かめる筋トレの成果

1/8の陽子

  昼間の君はとってもタカビーだけど、ボクの前で見せる夜の陽子はとっても純情なんだよ。もっとも夜の陽子はボクが密かにデジカメで撮りためたデータを元に業者に発注させて作り上げた1/8サイズの陽子だけどね。
 昼間の陽子はよせて集めてDカップてトコだけど、夜の陽子は2つおまけしてFカップにしてあげたよ。けど、巨乳の2/3位の確立でありがちな乳輪の大きいのは小さくしてあげたからね。ボクは乳輪がデカイとせっかく高まりかけた情熱がドライアイスをかけられて急激に冷めた様になってしまうからね。それとボクはホクロがあまり好きじゃないら、首筋のホクロも除けてあげたよ。あとオプションで、強く押すと声を出す様にしたんだ。今晩もたっぷりと悶え声を上げさせてあげるからね。ほらほらもっと叫ぶんだ。きゅうりが欲しいか、なすびがほしいかほらほら、おらおら・・・
  そうだ、今日は陽子に似合うドレスを買って帰るよ。この間トイザラスで見つけたバービー人形が着ていたやつを買って帰るよ。それと、昼間の陽子が今付き合っている嶋岡とも間もなく分かれるはずさ。あいつこの間同僚にメールでエロ画像を送っていたので、誤配という事で、陽子の方にも届く様に細工してあるんだ。もちろん陽子のやつのメールはボクがアイコラで作った特性も含まれているから、陽子が普通の神経を持った女性ならきっと嶋岡の事を嫌いになるはずさ。そして、嶋岡もエロ画像を送ったという記憶があるから完全否定は出来ないはずさ。もちろん、ボクが裏で糸を引いているなんて誰も気付かないはずさ。だって昼のボクはPCに詳しいなんて思われてないし、そんな奴が夜になると、ハッカー並の行動するなんて誰も思わないだろうしね。
  これからも昼の陽子は隠れたボクの監視が付いているから、ボク以外の男とは付き合えないはずだよ。もちろんボクと付き合う権利は持っているから、ボクだけとは付き合えるけどね。それと昼間の陽子がいつでもその気になれる様に冷えた野菜だけは冷蔵庫に入れておくからね・・・ふふふ楽しみだよ。それまではコレクションルームでボクを待っている夜の陽子にあんな事やそんな事してもらうつもりだよ。陽子・・・陽子・・・ハァーハァーハァーハァー・・・

※本HP:短編集より抜粋

男女関係の短歌?

戻らない時間は過去への夢遺跡ワンモアナイトワンモアハート

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・