FC2ブログ

2018-11

NASAの眼で行く海王星とトリトン

 久しぶりに気分は宇宙旅行・・・ということで、NASAの眼で海王星と衛星のトリトンに行ってみました。

※NASAの眼の概要は→こちらを参照して下さい。

180613-5-1
NASAの眼で見る海王星の衛星トリトン

180613-5-2
 ちなみに右下にある、赤丸のカメラのアイコンをクリックすると、宇宙写真表示に変わります。

180613-5-3
こんな感じですっきりしたものになります。

180613-5-4
 望遠鏡モードにすると、その星に下り立つ事が出来るので、トリトンから海王星ってどんな感じで見えるのか確認してみました。

180613-5-5
 ちなみに少しはなれた感じで見るとこんな感じ。

180613-5-6
 最後に海王星。ちなみにトリトンの半分は観測データがなくて、その辺はのっぺりした感じになってるので、雰囲気を出すには、星の表情がある角度から見るといいと思います。

スポンサーサイト

NASAの眼宇宙旅行:冥王星

 前にGoogle EarthMapsで冥王星を見たのですが、今回はNASAの眼で冥王星に行ってみました。

180208-1-1
こんな感じ。(冥王星とカロン)

 Google Earthの画像は粗々で論外として、mapsの方は細かく見れるので、これはこれでいいのかなと思ったのと、NASAの眼で見た場合は単体で見るという感じではなく、3次元的に宇宙の中から俯瞰して見る様な感じで見れるので、個人的に冥王星比較としては、NASAの眼で見たのが一番良かった様な気がしました。

※NASAの眼については→こちらを参考にしてみて下さい。

NASAの眼で見る地球の夜景

 よく、宇宙から見た地球の夜景って都市部分が輝いてたりするので、NASAの眼で見てみました。
180124-1-1
夜の日本付近はこんな感じ。
※地球の上空を描いてる線は観測衛星の軌道です。
180124-1-2
同時刻の地球の裏側はこんな感じ・・・よく出来てます。
180124-1-3
ちなみに今回はここからスタートして観察しました。

NASAの眼で宇宙旅行をしてみる。

 NASAの眼(NASA's Eyes)は、NASA製の天体シミュレーターで、今現在の太陽系宇宙空間をリアルタイムにシミュレートしてくれます。
 NASAのデータを基に3Dで、いろんな角度から宇宙空間が楽しめる様な作りになっていて、ちょっとした宇宙旅行が出来る様な作りになっていて、宇宙関係が好きな人は相当楽しめると思います。
 Google関係でも、いろんな星のデータがありますが、Googleの場合は、地図的な楽しみがメインなので、こちらはもっと違った角度で見る事が出来て、面白いです。
 今回は、個人的にお気に入りの土星の衛星エンケラドス(間欠泉が吹き出すリアルな画像がなんか感動したので)を例で説明したいと思います。

180123-1-1
ダウンロードはNASAのNASA's Eyeのところ
https://eyes.nasa.gov/
に行くと、上の様な画面が出ますので、画面の水色の部分をクリックするとダウンロード出来ます。

次に立ち上げると、
180123-1-2
 上の様ないろんなシュミレートコーナーが出てきます。今回はエンケラドス対象なので、左下の土星の絵のあるカッシーニツアーを選択します。
 選択すると、土星関係のデータが表示されるので、エンケラドスをクリックします。
180123-1-3
 エンケラドスが表示されました。(背後の星は土星)あとはマウスで動かすといろんな角度から見る事が出来ます。
180123-1-4
 エンケラドス間欠泉のアップ・・・なんか感動です。
180123-1-5
 ちなみにGoogle Mapsの方で見たエンケラドスはこんな感じでした。この辺はNASAの眼の方が宇宙的で楽しいです。エンケラドスに飽きたら画面に表示されている他の星の名前をクリックすると、他の星にジャンプする事が出来ます。

 このソフトの面白い所は、その星の上に宇宙飛行士の様に降りたって、その星から眺めたらどんなに見えるか?みたいな事もシュミレート表示されるとこです。
 ツアーの場合は表示されないので、一旦Exitで終わります。
180123-1-6
 すると、こんな画面に切り替わりますので、行きたい星を指定します。(これもエンケラドスで説明・・・笑)
180123-1-7
 クリックして、エンケラドスにたどりつくと、今度は右の方にある望遠鏡マーク(赤丸のところ)をクリックします。
180123-1-8
 すると、エンケラドスに降りたって宇宙を眺めた様に見渡す事が出来ます。(向こうに見えるのは土星です)ちなみにこの画像では土星の輪がないように写ってますが、エンケラドスの角度から見ると、輪が見えない角度になるだけで、全体的な視点を変えると土星の輪もしっかり表示される様になっています。
 こんな感じで、いろんな角度から星の観察が楽しめる作りになっています。NASA製なので、全て英語ですが、英語なんか読めなくても少しパソコンのソフトに慣れている人なら、ぷちぷちクリックしながら覚えていく・・・でも問題ない作りになっているところが最高かな・・・なんて思ってます。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・