2017-10

雨ばっかり

一週間
雨ばっかりで
雨ばっかり
なんか体に
ぬめりが出そうだ


スポンサーサイト

奇跡

奇跡など
そんなにない事
分かってる
分かっていても
神様お願い!

今日は雨

今日は雨
モノクロームの
風景に
溶け込んだまま
ボクも灰色

なにかが見える

だいじょうぶ
なんて心で
つぶやいて
とにかく進もう
なにかが見える

プラスなイメージ

思いきり
深呼吸して
目を閉じて
プラスなイメージ
心に広げる

十五夜

そういえば
今日は十五夜
だったっけ
見上げてみれば
おぼろ月かな

ブルーな風

昨日より
ブルーな風を
感じたら
何か自由に
なれる気もする

何事もなく

今日もまた
何事もなく
過ぎてゆく
そして時間は
静かに過ぎる

静かな闇へ

ゆっくりと
静かな闇へ
ゆっくりと
そして夜長は
虫の世界へ

夕暮れ

夕暮れが
だんだん早く
なってゆく
そして冬へと
向かってゆくのか

秋なんだね

もう風は
秋なんだねと
思うとき
日差しもなんだか
傾いている

ブルーの鏡

水たまり
澄んだ青空
写しだし
水面が全て
ブルーの鏡に

静かな雨

窓の外
静かな雨が
降っている
虫も静かに
共鳴してる

違う世界

目と閉じて
耳をすませば
さっきとは
違う世界が
細胞埋める

普通に始まる

一日が
普通に始まる
それだけで
幸せなのかも
しれないね今

雲のキャンバス

快晴の
キャンバス次第に
雲で満ち
ピカソやマティスの
共演となる

ドレミファソラシド

平凡な
一日だって
思ったら
心で唱える
ドレミファソラシド

秋空と

秋空と
涼しくなった
早朝と
そして広がる
さびしい気持ち

晴れない一日

今日もまた
そんなに晴れない
一日で
けどなにもない
そん一日

幸せ

幸せを
念じてみれば
幸せが
やってくるかも
だったらいいな

曇った空

見上げれば
少し曇った
空があり
そして時間は
静かに過ぎる

パトカー

な~んにも
していなくても
パトカーが
うしろにいると
なんかドキドキ

オンとオフ

オンとオフ
切り換えながら
したたかに
現代社会を
スクロールする

自分は自分

細胞で
折れた気持ちを
抱きしめて
自分は自分と
割り切ってみる

沈黙なのかな

寛容な
気持ちが消えて
ゆく時代
気がついてても
沈黙なのかな

影法師

だんだんと
長くなってく
影法師
ボクの背丈を
追い越してゆく

エンマコウロギ

目を閉じて
窓の外から
鼓膜へと
静かに聞こえる
エンマコウロギ

視線

戦隊モノ
親子で視線が
違ってる
子は変身後
親変身前

晴天の空

台風が
大気の塵を
吹き飛ばし
見上げたまんま
晴天の空

台風の音

地デジ消え
BS消えて
音が消え
外から聞こえる
台風の音

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

マッコウクジラ

マッコウクジラ

『気まぐれ文学館』
・第15回,16回短歌現代新人賞 佳作
・第47回角川短歌賞 最終予選通過
・H15年度 歌壇・歌壇発新星36人 一年連載
他・・・
現在は当ブログにて地道?にゲリラ活動中・・・